.

車を持つ人であれば知っているはずですが、自動車税というものの納税義務があります。クレジットカードおすすめ

そしてこの税金は、査定に出すクルマ買い取り時に一般に返還されるものなのです。

これについては本当にやってみると頭に入ってきますがそれでは一から流れを分かりやすく紹介します。

事前に記載すれば日本で生産された車のみが対象ではなくアメ車でも自動車税が戻ってくることになります。

もちろん所有車もそうですね。

自動車税というのは自動車を持つ人が支払わなければならないものなのですがこれは自動車の排気量によって決定されます。

1リッターより低いならば29500円で1リッターより上で1.5リッター以下までであれば34500円です。

これ以上は500ccごとに5000円ずつ増加します。

またこれは4月1日現在のの保有者が、年度内の全額を納付するように定められています。

ということは先払いということなので勿論愛車を売却して、所有者でなくなった場合などはその分のお金は返還されるのです。

自動車税の場合は前払いで以後一年分の税額を払いますからその翌年3月までの間に愛車を売ったときは新しい所有者がお金を支払わなければいけないということになります。

買取先が専門店でしたら売却した際に所有者が前払いしている分のお金を返金してもらえます。

まとめると所有権が移転された日からの自動車税は権利が移った所有権を持った人が払わなければなりません。

もしも10月の間に自動車を買い取ってもらったケースでは11月以降来年3月中までの自動車税は還付されます。

それは、繰り返しになりますが自動車税は一年分を前払いしているということから来ています。

要はあなたは買い取った相手に払いすぎたお金を返金してもらうということなのです。

個人的に自動車を売買するときに、何気にこうした知識に気づかない人が多くいるのできっちり確かめるようにしなければなりません。

自動車税という税金はクルマの売却で還ってくるということをほとんど知っている人がいないからと言ってそのことを隠す業者もいます。

自分から自動車税の返金についての話をしなければ、全然税金のことに説明しないという場合も見受けられます。

ですから自動車の売却をする際には、払いすぎた税金が返金されるかどうかをチェックすることを怠らないようにしなければなりません。