.

どこにでもある外国為替証拠金取引の教科書では、「損をした状況ではナンピン買いを入れることによってポジション全体の買い付け価格をコントロールする」等と助言されていますが、実際にはそれにはかなりの危険が待ち受けています。Coincheck(コインチェック)新規口座開設手順をどこよりも詳しく解説!

まず、ナンピン買いのロジックについて易しく説明しておこう。俺得修学旅行(奥森ボウイ)の3巻(6話、7話、8話)のネタバレ

ひとつの例として100円で1ドルを買ったとします。黄色い歯

$(ドル)買いですからドル高になればなるほど黒字を得られますが、反対に1ドル=95円まで円高・ドル安に振れてしまったとします。エクスレッグスリマーとマジカルスレンダー徹底比較!(口コミ、効果、値段など)

その場合持ち続けたとしたらプラスになるためには損した分ドル高が進まなければならない。

誰もが、マイナスは出来るだけ早く回復したいと考えます。

それを解決するためはじめに売り買いしたのと同じだけのドルを1ドル=95円で売買します。

すると、ポジションの買い付け価格は97円50銭まで引き下げることができます。

言い換えると、2.50円の幅で円安に推移すれば、赤字を取り戻す事が出来ます。

これが、ナンピン買いの原理です。

このような、ナンピン買いのやり方を耳にすると「ごもっとも」と思ったりするが、市場はそう易々と上手くはいきません。

1ドル=95円が底値だということなど誰も分かるはずがありません。

たとえば、市場が相当に強い円高ドル安動向だとすると、95円ではとどまらず、よりドル安にいく確率は高いです。

たとえば、97円50銭でナンピン買いをした場合に、1ドル=95円まで円高ドル安が進んだらナンピンしたポジションについても損が生まれてしまいます。

こういう状態では一番初めに注文したドルとトータルで更なるマイナスが生じる事になります。

この例のように、ナンピン買いは大変です。

であるなら、マーケットが自らのシナリオとは別の方向に素早く進んでしまった場合どんな対応で危機の確率を軽減すればいいのでしょうか。

こういう場合には取るべき選択肢は2つだけあります。

まずひとつめは覚悟を決めて損失を確定する事です。

もうひとつの手段としては、現在、自分が所有しているポジションを縮小することで改めて為替が戻るのを何もしないで待ち望むことです。

ちょっと大人しい対策だとみる投資家もいます。

しかし、自分の買いポジションに為替差損が出た場合、一番危険の少ない術はこれ以外には考えられない。

なるほど、机上では、ナンピン買いする手段もあるように思える。

だがナンピン買いは損失を出している場面にもかかわらず買いポジションを整理するどころか、遂に買いポジションを積み増していく考え方です。

これでは、リスクを制御することなど、どうやっても可能ではないと考えたほうがいいです。

ナンピンを続けられれば最終的には勝てるかもしれません。

だが、それ以前に投資資金はショートしてしまうだろう。