.

FX(外国為替証拠金取引)で投資する面白さは、一つの投資商品でありながら、資金投下の期間を短・中・長という3つの期間からいずれを選ぶかによって投入の手だてが全然変わるということにあるのです。1番目に外貨投資の「長期」を見てみましょう。長期のスタンスというものは、一年以上の長期の出資を基本にしています。まず為替レートで一年も後々の為替相場は円高であるか、もしくは円安かどうかを考えることは、一般的に無謀に違いありません。通常なら「それほど後の動きはわからない」というのが一般的でしょう。未知なものをがんばって考えようと努力したところで、無理なものなのです。したがって外国貨幣を買った場合、そのタイミングでの価値よりも円高でも、そのマイナス分はしばらく経てば円安になるはずだという気持ちで臨む必要があります。儲けを積極的に追いかけるよりも、それ以外の収益要はスワップポイントで儲けるというのを、初めの目的として出資しましょう。もちろんちょっとの間で為替変動の損失がすごくなってしまうことがあります。このため、大きな損失が大きくなっても影響のないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少なめで抑える心がけは大切です。FX(外国為替証拠金取引)は損失が決まった金額よりも大きく増大すると、追い証(追加保証金)を求められたりもしくはストップロス(ロスカット)になってしまったりします。ストップロスになってしまったら取引をフィニッシュしなければならず、長期取引が難しくなります。この手の危険を回避するためにはレバレッジ2?3倍あたりで売買するのが良いと思います。今度は中期の売買に関してです。中期においては最長でも1?2ヶ月程度経った頃を考慮してのやり取りです。為替の取引の時は、だいたい1ヶ月ほど後のことはだいたい、推測可能でしょう。G7の類の世界的な議会であったり為替市場に参加している人たちがどんなことに興味があるかを見てみればいくぶん見通しがきくと思います。上記のように経済情勢をチェックしつつ、チャートを参考にすることによって為替レートの動きをわかるようになり取引を見定めるのがいいと思います。基本的に、ファンダメンタルズとジャッジの両方で良い感じであり、またはどちらも買い傾向が一致している時はその様に動くと考えて間違いありません。そこでポジションを増やしておく事でより多額のリターンを受け取れるでしょう。最後は短期スタンスの重要点。この短期スタンスとは、すなわちデイトレードのことを示しています。為替市場で日計り取引をするには経済の状態は影響しないと断言します。なぜなら翌日のレートの変動に、経済の基礎的条件は影響しないからです。ここで、最大の重要ポイントは目立った催し物がある時、それが影響して為替相場が大きく変化するチャンスを待ってやり取りすることです。たとえばアメリカにおいて雇用情勢が発表されるあるいは金融会議などで金利が変化するといった催しごと。こういったタイミングに動きを逃してはいけないという意味合いで、短期のスタンスは多種のものが必須になる。