.

現金化を目的として電車の乗車チケットの類を多量に決済してしまうこと・・・クレジットのキャッシュ化サービスというもの使わずに自分で現金化を目的にクレカで決済をするということも同様。お金に変えることを目的としたクレカショッピングであれば、クレカの契約条項違反扱いになってしまうため。多量の乗車券や切手を購入するなどでのクレジット使用をすると、最悪の場合換金する目的か、などというように警戒されてしまう事例もあり得るため注意することを要します。付け加えると、利用時点でキャシング額が上限となられてしまっている方の場合には、新幹線等の乗車切符等を購買するだけであってもクレジットの会社の係からチェックの電話が入るという事例もあるので経済状態が悪い時の利用については不可能になると思われます。お金に窮している状況において企てる手段は大抵の場合同様なのです。クレジットカード会社から見てよくない利用の仕方をする●昔話題に上がった『永久不滅』というようなクレジット発行会社に一つも利益になることのないような規約に違反した利用をした場合クレカの会社の判断で強制没収という扱いになる場合さえも存在します。ネットに出回っていたクレカポイントの不正な搾取等の世の中に流れていない方法がある場合でもこれらの手法というものはどう考えてもクレジットの規定に反することなのであるからどんな理由があっても試さないようにしないほうが懸命でしょう。強制失効となったカード情報は他のカード会社へ知られる)クレカを強制没収させられてもその他のクレジットカードは利用できるのであるから一つくらいは良いのではないか??とか思う人は、この情報社会においてはその考えが信用を失う危険性があります。それは、没収となってしまう事態にはクレジット会社から問い合わせ出来てしまう信用機関へ退会の個人情報が上書きされてしまうことによりあなたの信用情報が地に落ちる可能性もあるからです。1枚ですら没収となると、その他のクレジットですら作りにくくなる場合もありますし、ともすると現在所有しているクレカまで失効になる可能性もなくはないでしょう。強制退会されずに継続使用できるケースでも使用期限満了とともに更新不可となることになります。とにかくしつこいほど述べていますが強制失効という処理がされるほどの利用方法はどんなことがあってもしないよう健全にクレカを使って頂きたいと願います。